過去への扉 ブックライブ スマホ パソコン 読みやすい

BookLive「ブックライブ」の過去への扉無料試し読みコーナー


幼くして死に別れた母のことをもっと知りたい――レブルはその一心で、亡き母の思い出の場所だったという、デイヴンポート・ホールを訪れた。屋敷の主の伯爵ヒューは、若くて長身の見目麗しい男性。彼は、兄夫婦が遺した姪の世話にほとほと手を焼いているらしく、冷淡と言うほかないような態度で少女に接していた。周囲から疎まれ、意固地に心を閉ざす幼い少女の姿に、レブルは天涯孤独だった昔の自分を重ね合わせた。そして衝動的に、1週間屋敷にとどまると申し出るが……。
続きはコチラ



過去への扉無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


過去への扉「公式」はコチラから



過去への扉


>>>過去への扉の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)過去への扉の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は過去への扉を取り揃えています。過去への扉BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると過去への扉は540円で購入することができて、過去への扉を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで過去への扉を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)過去への扉を勧める理由


恒常的に山ほど漫画を買うとおっしゃる方にとりましては、固定の月額料金を支払うだけで何十冊でも読み放題という形で閲覧できるというシステムは、まさに革新的だと評価できるのではないでしょうか?
「漫画の数があまりにも多くて頭を悩ましているから、購入を諦めてしまう」とならずに済むのが、BookLive「過去への扉」のメリットです。いくら買い入れても、収納場所を心配しなくてよいのです。
書籍の販売低下がよく言われる中、電子書籍は今までとは違う仕組みを採り入れることにより、購読者数を増加させているのです。今までになかった読み放題というプランがそれを現実化したのです。
BookLive「過去への扉」の販売促進の戦略として、試し読みが可能というシステムは斬新なアイデアだと思われます。どこにいても大雑把なあらすじを読むことが可能なので、暇な時間を使用して漫画を選択することができます。
利用料が月額固定のサイト、登録の要らないサイト、1巻・2巻と単品で決済するサイト、無料の漫画が豊富にラインナップされているサイトなど、コミックサイトもそれぞれ違う部分が見られますから、比較しなければいけません。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE







過去への扉のブックライブ情報

                              
作品名 過去への扉
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
過去への扉ジャンル 本・雑誌・コミック
過去への扉詳細 過去への扉(コチラクリック)
過去への扉価格(税込) 540円
獲得Tポイント 過去への扉(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ