AIIB 不参加の代償 ブックライブ スマホ パソコン 読みやすい

BookLive「ブックライブ」のAIIB 不参加の代償無料試し読みコーナー


日本はアジアでの孤立の道を選ぶべきではない。AIIB(アジアインフラ投資銀行)への日本の不参加宣言は、もはや外交敗北ですらない。アメリカが望まない選択は、そもそも情報が上に上がらないという、霞が関の恐るべき悪習により、端から情報収集不足、検討不足、結論ありきの明らかに戦略の失敗の結果だった。北京在住のある日系金融機関代表は、これを「戦後70年にして日本の第2の敗戦」とまで言い切った。日本は、再びアジアにおける孤立の道を選択しようとしている。本書は、2015年末に迫った「AIIB」発足の経緯と背景、習近平政権の野望と日中の攻防、そしてアジアの近未来の姿を追う。《章目次》第1章 アジアが期待するAIIB第2章 ブレトンウッズ体制に挑戦した中国の挫折第3章 習近平政権とAIIB第4章 アジアの新しい現実を直視できない日本
続きはコチラ



AIIB 不参加の代償無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


AIIB 不参加の代償「公式」はコチラから



AIIB 不参加の代償


>>>AIIB 不参加の代償の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)AIIB 不参加の代償の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はAIIB 不参加の代償を取り揃えています。AIIB 不参加の代償BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとAIIB 不参加の代償は691円で購入することができて、AIIB 不参加の代償を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでAIIB 不参加の代償を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)AIIB 不参加の代償を勧める理由


BookLive「AIIB 不参加の代償」を使用すれば、家の一室に本を置くスペースを作ることが必要なくなります。欲しい本が発売になるたびにお店に通う手間も省けます。こうしたポイントから、顧客数が増えつつあるのです。
誰でも無料漫画が読めるという理由で、利用する人が増えるのは少し考えればわかることです。お店とは異なり、人目を気にすることなく立ち読みすることが許されるのは、電子書籍ならではの特長だと言って間違いありません。
コンスタントに新しい漫画が登場するので、何十冊読んでも読むものが無くなる心配は無用というのがコミックサイトの特徴です。書店では販売されない昔懐かしい作品も読むことができます。
鞄などを持ち歩かないという男性には、スマホで無料電子書籍を閲覧することができるというのはとても便利なことです。いわばポケットに入れて本や漫画を携帯できるというわけなのです。
ここのところ、電子書籍業界では既存の発想に縛られない「読み放題」というプランが登場し注目を集めています。1冊いくらというのではなく、月毎にいくらという料金体系を採用しているのです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE







AIIB 不参加の代償のブックライブ情報

                              
作品名 AIIB 不参加の代償
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
AIIB 不参加の代償ジャンル 本・雑誌・コミック
AIIB 不参加の代償詳細 AIIB 不参加の代償(コチラクリック)
AIIB 不参加の代償価格(税込) 691円
獲得Tポイント AIIB 不参加の代償(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ