書くインタビュー 3 ブックライブ スマホ パソコン 読みやすい

BookLive「ブックライブ」の書くインタビュー 3無料試し読みコーナー


僕はお金欲しさに小説書いてるんじゃない!「作家はいざパソコンを前にキーボードを打ちはじめると──いったん物を書く現場の時間の流れに入ってしまうと──原稿料のことなど忘れてしまいます。自分が書いている原稿を、より良いもの、より読ませるものにするために頭を使います。エッセイでも書評でもそして小説でも、何でもおなじです。 読まれ方はどうあれ、書くほうは、何を書くにも絶対に力を抜いたりはしないんです。そうしないと物を書く張り合いがないからです。力を抜いたりすると、抜いたとたんに、物を書くことに何の面白みも見出せなくなるからです」(本文より)20年ぶりに長編小説の書き下ろしを始めた作家。連載ではなく、「書いても書いても原稿料を貰えない」現場では、自身の台所事情とは別に、「小説を書くこと」について、いろいろと思うところも――。最新作『月の満ち欠け』の執筆開始から第一稿完成までとまったく同じ時期、小説名人・佐藤正午が語っていた、「小説を書くこと」についてのすべて。
続きはコチラ



書くインタビュー 3無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


書くインタビュー 3「公式」はコチラから



書くインタビュー 3


>>>書くインタビュー 3の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)書くインタビュー 3の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は書くインタビュー 3を取り揃えています。書くインタビュー 3BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると書くインタビュー 3は648円で購入することができて、書くインタビュー 3を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで書くインタビュー 3を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)書くインタビュー 3を勧める理由


クレカで購入する電子書籍は、気付くと支払が高額になっているという可能性があるのです。けれども読み放題だったら月額料が固定なので、何冊読破しようとも料金が跳ね上がるという心配がありません。
電子書籍ビジネスにはたくさんの業者が参入していますから、絶対に比較してから「どの電子書籍をセレクトするのか?」を決めてほしいと思います。取扱い書籍の数量や値段、サービス状況などを確認するとうまく行くでしょう。
ユーザーが加速度的に増加中なのが話題となっているコミックサイトです。少し前であれば「漫画は単行本という形で買うからいいの!」という人がほとんどを占めていましたが、電子書籍の形式で買って見るというユーザーが増えています。
コミックサイトの一番の利点は、品揃えが本屋とは比較できないくらい多いということだと言えます。売れ残って返本作業になるリスクがない分、多数の商品をラインナップできるというわけです。
BookLive「書くインタビュー 3」はスマホなどの電子機器やノートブックで読むことが可能です。冒頭部分のみ試し読みしてから、その漫画を読むかを判断する人もたくさんいると聞きます。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE







書くインタビュー 3のブックライブ情報

                              
作品名 書くインタビュー 3
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
書くインタビュー 3ジャンル 本・雑誌・コミック
書くインタビュー 3詳細 書くインタビュー 3(コチラクリック)
書くインタビュー 3価格(税込) 648円
獲得Tポイント 書くインタビュー 3(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ