専門医が伝えたい認知症を生きるということ 「痴呆」から「認知症」へ ブックライブ スマホ パソコン 読みやすい

BookLive「ブックライブ」の専門医が伝えたい認知症を生きるということ 「痴呆」から「認知症」へ無料試し読みコーナー


日本の認知症患者数は増加の一途をたどり、いまや65歳以上の7人に1人が発症するという。しかし日本においては、認知症は近年まで「痴呆症」という差別的な名称を冠せられ、その発症は、致し方ないこととして軽んじられてきた。このことは医療の現場においても同様で、重篤な病気の治療や入院に伴う認知症の発症は起こり得ることとして、多くの場合、積極的な予防が行われていないという現状もある。認知症とはいかなる病気なのか。予防や治療は不可能なのか……。医療現場で、自治体で、地域で、発症を食い止める手立ては講じられないのか。認知症研究の第一人者であり医師である著者が、認知症の「今」について詳述し、医療現場と一般の方々へ向けて、意識改革を提唱する一冊。
続きはコチラ



専門医が伝えたい認知症を生きるということ 「痴呆」から「認知症」へ無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


専門医が伝えたい認知症を生きるということ 「痴呆」から「認知症」へ「公式」はコチラから



専門医が伝えたい認知症を生きるということ 「痴呆」から「認知症」へ


>>>専門医が伝えたい認知症を生きるということ 「痴呆」から「認知症」への購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)専門医が伝えたい認知症を生きるということ 「痴呆」から「認知症」への口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は専門医が伝えたい認知症を生きるということ 「痴呆」から「認知症」へを取り揃えています。専門医が伝えたい認知症を生きるということ 「痴呆」から「認知症」へBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると専門医が伝えたい認知症を生きるということ 「痴呆」から「認知症」へは1209円で購入することができて、専門医が伝えたい認知症を生きるということ 「痴呆」から「認知症」へを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで専門医が伝えたい認知症を生きるということ 「痴呆」から「認知症」へを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)専門医が伝えたい認知症を生きるということ 「痴呆」から「認知症」へを勧める理由


居ながらにしてダウンロードしてエンジョイできるのが、無料電子書籍の特長です。書店まで行く必要も、インターネットで申し込んだ本を宅配してもらう必要も全くないのです。
読み放題という形は、電子書籍業界でしか実現不可能なそれこそ革新的な挑戦なのです。利用する方にとっても出版社や作家さんにとっても良い面が多いということで注目されています。
老眼が悪化して、目の前にあるものがぼやけて見えるようになってきたという活字中毒ぎみの中高年にとって、スマホで電子書籍が読めるようになったというのは、ある意味革新的なことなのです。文字サイズを読みやすいように調節できるからです。
“無料コミック”であれば、購入しようか悩んでいる漫画の数ページ~1巻を試し読みで確認することが可能です。決済する前に中身を一定程度まで確かめることができるので、ユーザーからの評価も高いです。
「電子書籍には興味をそそられない」という愛読家の人も稀ではないようですが、一度でもスマホを活用して電子書籍を閲覧してみれば、持ち運びの手軽さや支払方法の簡単さからハマってしまう人が少なくないようです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE







専門医が伝えたい認知症を生きるということ 「痴呆」から「認知症」へのブックライブ情報

                              
作品名 専門医が伝えたい認知症を生きるということ 「痴呆」から「認知症」へ
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
専門医が伝えたい認知症を生きるということ 「痴呆」から「認知症」へジャンル 本・雑誌・コミック
専門医が伝えたい認知症を生きるということ 「痴呆」から「認知症」へ詳細 専門医が伝えたい認知症を生きるということ 「痴呆」から「認知症」へ(コチラクリック)
専門医が伝えたい認知症を生きるということ 「痴呆」から「認知症」へ価格(税込) 1209円
獲得Tポイント 専門医が伝えたい認知症を生きるということ 「痴呆」から「認知症」へ(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ