Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法 ブックライブ スマホ パソコン 読みやすい

BookLive「ブックライブ」のWrite Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法無料試し読みコーナー


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。本書はポータビリティ(移植性)にフォーカスした書籍です。本書における「ポータビリティ」とは、ソースコード、特にCのソースコードをさまざまなOS、アーキテクチャで移植可能にしていくかということを指します。しかし、本書で取り上げていることは、C/C++だけに当てはまるものではなく、どのような開発環境でも通用するものです。本書では、ポータビリティを考える上で見落しがちな罠(必ずあると思っている関数は特定のアーキテクチャでは存在しない、テキストファイルですら互換性の問題を孕んでいるなど)、数値計算やデータ処理における各OS・アーキテクチャでの特徴的な事項といった多様な事柄を取り上げています。特に前半では、実例のCコード、筆者の作ったSALオーディオライブラリでの経験談、ポータビリティを実現するライブラリであるPOSH(Portable Open Source Harness)の利用例を豊富に掲載し、どういったところに留意すべきかをわかりやすく説明しています。いかに移植性の高いソフトウェアを書くか、つまり、いかに幅広い環境で動くようにするかについて留意すべきことはたくさんありますが、そのための簡単な法則というものはなく、移植性を高くするための多くの知識は散在しており、移植性の高いソフトウェアを開発するにはそれなりの経験がなければできませんでした。そのような知識・経験に基づく知恵を1冊の本にまとめたのが本書です。本書を読めば、移植性の高いコードをどのように書けばよいのかが理解できるようになるでしょう。名著『Write Portable Code』(2006年6月 日本語版、弊社刊行)、待望の復刊です。
続きはコチラ



Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法「公式」はコチラから



Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法


>>>Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はWrite Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法を取り揃えています。Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとWrite Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法は4384円で購入することができて、Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでWrite Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法を勧める理由


「連載ものになっている漫画だからこそいいんだ」という方には必要ないと言えます。しかし単行本になるまで待ってから手に入れると言われる方にとっては、購入前に無料漫画にて概略を確かめられるというのは、購入判断の助けになるはずです。
人気急上昇の無料コミックは、スマホさえあれば見ることができます。外出先、会社の休憩中、病・医院などでの待っている時間など、隙間時間に簡単に見ることができます。
数多くの方々が無料アニメ動画を見ているのです。ぽっかり空いた時間とか電車やバスで移動中の時間などに、手早くスマホで視聴可能だというのは、非常に重宝します。
きちんと比較してからコミックサイトを決定する人が少なくないようです。ネットで漫画を楽しみたいなら、幾つものサイトの中より自分に適合したサイトを選択するようにしないといけません。
「大体の内容を知ってからでないと購入に踏み切れない」という考えを持っている方々にとって、無料漫画というのは長所だらけのサービスに違いありません。運営側からしても、新規顧客獲得が望めるというわけです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE







Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法のブックライブ情報

                              
作品名 Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法ジャンル 本・雑誌・コミック
Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法詳細 Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法(コチラクリック)
Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法価格(税込) 4384円
獲得Tポイント Write Portable Code 複数プラットフォームに移植可能なソフトウェアの開発技法(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ