青色図書館 ブックライブ スマホ パソコン 読みやすい

BookLive「ブックライブ」の青色図書館無料試し読みコーナー


一目ぼれのワンピをゲットするためバイトをしようと決めた学校帰り、好条件にひかれ私設「青色図書館」に飛び込んだヒナ。そこで館長兼作家、本オタクの下籠谷と働くことに。手のかかる「先生」に呆れるヒナだが…!?(このコミックスには「【プチララ】青色図書館 story01~04」の内容を収録しています。)
続きはコチラ



青色図書館無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


青色図書館「公式」はコチラから



青色図書館


>>>青色図書館の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)青色図書館の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は青色図書館を取り揃えています。青色図書館BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると青色図書館は432円で購入することができて、青色図書館を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで青色図書館を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)青色図書館を勧める理由


販売部数の伸び悩みがよく言われる中、電子書籍は画期的な仕組みを採り入れることにより、購読者数を増加させています。革新的な読み放題というシステムがそれを実現させたのです。
毎回本屋で購入するのは時間の無駄遣いとなります。だけども、まとめて買うのは内容に不満が残った時の金銭的なダメージが大きすぎるでしょう。BookLive「青色図書館」なら一冊一冊買えるので、その点安心です。
「詳細に比較せずに選定してしまった」と言われる方からすれば、無料電子書籍はどれもほぼ同じという認識なのかもしれないですが、サービスの中身は各社それぞれですので、きちんと比較検討することは重要です。
マンガの発行部数は、時間経過と共に少なくなっている状況です。昔ながらの販売戦略にこだわらず、0円で読める無料漫画などを提示することで、新規顧客の獲得を企てています。
BookLive「青色図書館」の営業戦略として、試し読みが可能というサービスは文句なしのアイデアだと考えます。時間に縛られずストーリーを確認することができるので、わずかな時間を賢く使って漫画を選べます。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE







青色図書館のブックライブ情報

                              
作品名 青色図書館
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
青色図書館ジャンル 本・雑誌・コミック
青色図書館詳細 青色図書館(コチラクリック)
青色図書館価格(税込) 432円
獲得Tポイント 青色図書館(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ