問題解決のジレンマ―イグノランスマネジメント:無知の力 ブックライブ スマホ パソコン 読みやすい

BookLive「ブックライブ」の問題解決のジレンマ―イグノランスマネジメント:無知の力無料試し読みコーナー


思考の限界を超えよう!巨人ピーター・ドラッカーが最後に挑もうとした「無知の活用法」ピーター・ドラッカーは亡くなる約2年前のインタビューで、「書き残したテーマがあるとしたら?」という質問に対して「無知(イグノランス)のマネジメントだ。もし書いていたら、私の最高傑作になっただろう」と語っている。ソクラテスは「自分がいかに知らないかを知る」=「無知の知」を唱えた。本書は、ソクラテスとドラッカーが唱えた「無知」に着目して、「無知」に気づき、「無知」を活用する「問題発見」のための思考法を体系化している。「知識量で勝負すること」や「与えられた問題を解くこと」は、もはや人間が取り組む問題ではなくなってきている。人間が集中すべき課題は、新しい問題を発見し、定義する(広義)の問題解決の「上流部分」にシフトしている。「下流」の問題解決と「上流」の問題発見では、必要な着眼点も価値観もスキルも異なる。本書では、「アリとキリギリス」のアナロジーによって、問題解決型と問題発見型の2つの思考回路を対比し、その対立構造を明らかにしている。アリとキリギリスが共存共栄できる道はないのか。キリギリスのように「跳んで考える」ためにはどうしたらいいのか。「問題発見のための思考回路」を理解し、「無知・未知」を意識することで、「常識や壁」を打ち破る発想が生まれる。すなわち、キリギリスのように新しいフロンティアに向かって、高く跳び立つこともできるようになる。【主要目次】PART1 「知」と「無知・未知」~その構造を明らかにする 「知らないことすら知らない」=「未知の未知」という死角 「知」は事実と解釈の組み合わせ 「無知・未知」を考えるためのフレームワーク 既知と未知との不可逆的サイクル ソクラテスとドラッカーが唱えた「無知」の二つの視点PART2 「問題解決」のジレンマ~「問題解決」できる人は「問題発見」ができない 「知(識)の」ジレンマ 「閉じた系」のジレンマ 「問題解決」のジレンマPART3 「アリの思考」vs.「キリギリスの思考」~問題解決から問題発見へ 「アリの思考」と「キリギリスの思考」の違い  「ストック」から「フロー」へ 「閉じた系」から「開いた系」へ 「固定次元」から「可変次元」へ  「特異点」からの問題発見法  アリとキリギリスは共存共栄できないのか PART4 問題発見のための「メタ思考法」~次元を上げて問題を発見する 上位概念と下位概念 「抽象化・アナロジー」で次元を上げる 思考の「軸」で次元を上げる 「Why(上位目的)」で次元を上げる 「メタ思考法」を活用するために
続きはコチラ



問題解決のジレンマ―イグノランスマネジメント:無知の力無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


問題解決のジレンマ―イグノランスマネジメント:無知の力「公式」はコチラから



問題解決のジレンマ―イグノランスマネジメント:無知の力


>>>問題解決のジレンマ―イグノランスマネジメント:無知の力の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)問題解決のジレンマ―イグノランスマネジメント:無知の力の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は問題解決のジレンマ―イグノランスマネジメント:無知の力を取り揃えています。問題解決のジレンマ―イグノランスマネジメント:無知の力BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると問題解決のジレンマ―イグノランスマネジメント:無知の力は1382円で購入することができて、問題解決のジレンマ―イグノランスマネジメント:無知の力を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで問題解決のジレンマ―イグノランスマネジメント:無知の力を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)問題解決のジレンマ―イグノランスマネジメント:無知の力を勧める理由


どういった話なのかが良く分からない状況で、タイトルと著者名だけで読もうかどうかを決定するのは冒険だと言えます。誰でも試し読みができるBookLive「問題解決のジレンマ―イグノランスマネジメント:無知の力」であれば、一定程度内容を確かめた上で購入の判断が下せます。
コミックの売り上げは、何年も前から右肩下がりになっているとのことです。今までの販売戦略に捉われず、料金の発生しない無料漫画などを広めることで、新規ユーザー数の増大を狙っています。
買うべきかどうか悩むような漫画がある場合には、BookLive「問題解決のジレンマ―イグノランスマネジメント:無知の力」のサイトでタダの試し読みを活用してみるのが賢い方法です。少し見て魅力を感じなければ、買わなければいいだけです。
「本棚が漫画で溢れている状態で収納場所がないから、買うのを辞めてしまう」とならないのがBookLive「問題解決のジレンマ―イグノランスマネジメント:無知の力」を一押しする要因です。山のように買いまくったとしても、整理する場所を考慮しなくてOKです。
多くの書店では、売り物の漫画を立ち読みされないように、カバーをかける場合が多いです。BookLive「問題解決のジレンマ―イグノランスマネジメント:無知の力」ならば試し読みできますので、絵柄や話などを精査してから買うか判断できます。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE







問題解決のジレンマ―イグノランスマネジメント:無知の力のブックライブ情報

                              
作品名 問題解決のジレンマ―イグノランスマネジメント:無知の力
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
問題解決のジレンマ―イグノランスマネジメント:無知の力ジャンル 本・雑誌・コミック
問題解決のジレンマ―イグノランスマネジメント:無知の力詳細 問題解決のジレンマ―イグノランスマネジメント:無知の力(コチラクリック)
問題解決のジレンマ―イグノランスマネジメント:無知の力価格(税込) 1382円
獲得Tポイント 問題解決のジレンマ―イグノランスマネジメント:無知の力(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ