[改訂版]相手を「必ず動かす」英文メールの書き方 ブックライブ スマホ パソコン 読みやすい

BookLive「ブックライブ」の[改訂版]相手を「必ず動かす」英文メールの書き方無料試し読みコーナー


メールしたけれど、返事が来ない、依頼通りに進まない、交渉に応じてくれない…。全ての原因は「書き方」にあったのです。大手企業200社以上での指導実績をもつ著者が、状況と立場に応じた英語表現の使い分けを押さえ、「相手が無視できない」「自分の目的に沿って相手に行動を起こしてもらえるようにする」メールの書き方を指南します。●計144種類の戦略を駆使してあらゆるトラブルに対処本書の眼目は、相手との力関係、状況の緊急度などの観点に基づく「トラブル対処のための書き方の戦略」144。実践例の英文も豊富に収録されており、実践の場での使い勝手は抜群。ビジネスパーソンのための「戦略的英文メールデータベース」として活用できる。●「ソフトな書き方」と「キツイ書き方」の比較に学ぶ144の戦略を押さえた後は、応用例として、30の状況別に、普通の相手向けの「ソフトな書き方」と、仕事をしてくれない相手向けの「キツイ書き方」を比較。礼儀をわきまえつつ、相手に応じてどのように表現の強さを変えていけばいいのかが分かる。●巻末付録は2本立て。「交渉に役立つ文例120」を新しく追加1つ目の付録は、改訂前から高評価をいただいていた「依頼表現100」。依頼の強制力の強さを基準に6段階に分類されたフレーズが学べる。このたびの改訂版では、2つ目の付録として「交渉に役立つ文例120」を用意。「礼儀正しいソフトな表現40」「プレッシャーをかける表現40」「ソフトにプレッシャーをかける表現40」の3部構成で、相手の対応をコントロールするための実践的な戦略が分かる。※本書は、2004年に刊行された『相手を「必ず動かす」英文メールの書き方』の改訂版です。内容の一部をアップデートしたほか、付録2「交渉に役立つ文例120」を新しく追加しています。 対象レベル:英検2級/TOEIC TEST500程度から【著者プロフィール】ポール・ビソネット(Paul Bissonnette):カナダ・モントリオール生まれ。カナダのカールトン大学卒業後、1975年に来日。レンセレア・ポリテクニック・インスティテュートでテクニカルコミュニケーションの修士号を取得後に再来日。現在に至るまで、トヨタ、武田薬品、JAXAをはじめ200社を超える大手企業でビジネスライティングおよびテクニカルライティングを指導。東京外国語大学講師として10年間の指導経歴を持ち、連載・書籍などの執筆活動も行う。2005年には、ドキュメント・コンサルティング・ファームとしてピー・ビー・ライティングセンターを設立し、ビジネスライティングに特化したソリューションを提供している。【※本作品はブラウザビューアで閲覧すると表組みのレイアウトが崩れて表示されることがあります。予めご了承下さい。】
続きはコチラ



[改訂版]相手を「必ず動かす」英文メールの書き方無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


[改訂版]相手を「必ず動かす」英文メールの書き方「公式」はコチラから



[改訂版]相手を「必ず動かす」英文メールの書き方


>>>[改訂版]相手を「必ず動かす」英文メールの書き方の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)[改訂版]相手を「必ず動かす」英文メールの書き方の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は[改訂版]相手を「必ず動かす」英文メールの書き方を取り揃えています。[改訂版]相手を「必ず動かす」英文メールの書き方BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると[改訂版]相手を「必ず動かす」英文メールの書き方は1539円で購入することができて、[改訂版]相手を「必ず動かす」英文メールの書き方を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで[改訂版]相手を「必ず動かす」英文メールの書き方を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)[改訂版]相手を「必ず動かす」英文メールの書き方を勧める理由


その日を無駄なく過ごしたいなら、空き時間を合理的に活用するようにしなければなりません。アニメ動画の視聴くらいは移動の真っ最中でも可能なことなので、そのような時間を利用するようにしてください。
スマホで見れるBookLive「[改訂版]相手を「必ず動かす」英文メールの書き方」は、お出かけの際の荷物を減らすのに有効だと言えます。カバンやリュックなどの中に何冊も本を詰めて持ち歩かなくても、好きなようにコミックを楽しむことが可能だというわけです。
タブレットやスマホの中に購入する漫画を全て収納するようにすれば、片付ける場所について気に掛けることは不要になります。何はともあれ無料コミックからチャレンジしてみてはどうですか?
BookLive「[改訂版]相手を「必ず動かす」英文メールの書き方」を積極的に使えば、自分の部屋に本棚のスペースを確保する必要は全くなくなります。新刊が出たからと言ってお店に向かう手間を省くこともできます。こういった理由から、顧客数が増加していると言われています。
電子書籍を購入するというのは、ネット上で文字やイラストなどの情報を得るということです。サービスが終了してしまうようなことがあったら、支払ったお金は無駄になりますので、きちんと比較してから信頼のおけるを選ぶようにしましょう。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE







[改訂版]相手を「必ず動かす」英文メールの書き方のブックライブ情報

                              
作品名 [改訂版]相手を「必ず動かす」英文メールの書き方
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
[改訂版]相手を「必ず動かす」英文メールの書き方ジャンル 本・雑誌・コミック
[改訂版]相手を「必ず動かす」英文メールの書き方詳細 [改訂版]相手を「必ず動かす」英文メールの書き方(コチラクリック)
[改訂版]相手を「必ず動かす」英文メールの書き方価格(税込) 1539円
獲得Tポイント [改訂版]相手を「必ず動かす」英文メールの書き方(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ