ようこそ、わが家へ ブックライブ スマホ パソコン 読みやすい

BookLive「ブックライブ」のようこそ、わが家へ無料試し読みコーナー


恐怖のゲームがはじまった。真面目なだけが取り柄の会社員・倉田太一は、ある夏の日、駅のホームで割り込み男を注意した。すると、その日から倉田家に対する嫌がらせが相次ぐようになる。花壇は踏み荒らされ、郵便ポストには瀕死のネコが投げ込まれた。さらに車は傷つけられ、部屋からは盗聴器まで見つかった。執拗に続く攻撃から穏やかな日常を取り戻すべく、一家はストーカーとの対決を決意する。一方、出向先のナカノ電子部品でも、倉田は営業部長に不正の疑惑を抱いたことから、窮地に追い込まれていく。直木賞作家が“身近に潜む恐怖”を描く文庫オリジナル長編を電子化。
続きはコチラ



ようこそ、わが家へ無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


ようこそ、わが家へ「公式」はコチラから



ようこそ、わが家へ


>>>ようこそ、わが家への購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)ようこそ、わが家への口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はようこそ、わが家へを取り揃えています。ようこそ、わが家へBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとようこそ、わが家へは745円で購入することができて、ようこそ、わが家へを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでようこそ、わが家へを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)ようこそ、わが家へを勧める理由


時間を潰すのに一番合っているサイトとして、定着してきているのが手軽に利用できるBookLive「ようこそ、わが家へ」です。お店に出かけて漫画を買う必要はなく、スマホさえあれば簡単に購読できるという部分が利点です。
あらゆるサービスを追い抜く形で、これほどまで無料電子書籍というものが広がり続けている理由としましては、近所の本屋が減る一方であるということが指摘されているようです。
店頭販売では、展示スペースの関係で取り扱える漫画の数に制限がありますが、BookLive「ようこそ、わが家へ」だったら先のような制限がないため、今はあまり取り扱われないタイトルも多々あるというわけです。
電子書籍業界では画期的な「読み放題」というプランが登場し人気を博しています。1冊いくらというのではなく、月々いくらという料金体系になっているわけです。
漫画ファンの人にとって、コレクションアイテムとしての単行本は大切だということはわかりますが、手軽に読みたいという人だとすれば、スマホで閲覧できるBookLive「ようこそ、わが家へ」の方がいいと思います。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE







ようこそ、わが家へのブックライブ情報

                              
作品名 ようこそ、わが家へ
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
ようこそ、わが家へジャンル 本・雑誌・コミック
ようこそ、わが家へ詳細 ようこそ、わが家へ(コチラクリック)
ようこそ、わが家へ価格(税込) 745円
獲得Tポイント ようこそ、わが家へ(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ