まず、人を喜ばせてみよう ブックライブ スマホ パソコン 読みやすい

BookLive「ブックライブ」のまず、人を喜ばせてみよう無料試し読みコーナー


東京の隅っこにある小さな書店なのに、なぜ全国からお客さんが押し寄せるのか?まず、人を喜ばせることからすべてが始まる。普通ではあり得ない品揃えでお客さんを惹きつける、店主の人生哲学がぎゅっと詰まった1冊。【著者紹介】清水克衛(しみず・かつよし)書店「読書のすすめ」代表。逆のものさし塾主宰。NPO法人読書普及協会顧問。1961年東京都生まれ。大学在学中たまたま暇つぶしのために読んだ司馬遼太郎著『竜馬がゆく』第5巻との出会いがきっかけで、読書に目覚めるとともに、商人を志す。大手コンビニエンスストアの店長を10年間務めた後、1995年に東京都江戸川区篠崎で小さな書店を開業。「10年や20年前の本でも、大正時代に書かれた本であっても、その人が初めて読む本はすべて新刊」という信条のもと、常識にとらわれない知恵と情熱で商いを続けた結果、全国からお客さんが訪れる繁盛店となる。主な著書に、『「ブッダを読む人」は、なぜ繁盛してしまうのか。』『非常識な読書のすすめ』(いずれも現代書林)、『5%の人』『他助論』(いずれもサンマーク出版)など多数。【目次より】◆第1章 まず、先に相手に「幸せ」を配ってみる◆第2章 まず、なんにでも「おもしろさ」をくっつけてみる◆第3章 まず、「恋人」が10人いるとイメージしてみる◆第4章 まず、自分の「思い込み」を一度手放してみる
続きはコチラ



まず、人を喜ばせてみよう無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


まず、人を喜ばせてみよう「公式」はコチラから



まず、人を喜ばせてみよう


>>>まず、人を喜ばせてみようの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)まず、人を喜ばせてみようの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はまず、人を喜ばせてみようを取り揃えています。まず、人を喜ばせてみようBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとまず、人を喜ばせてみようは1080円で購入することができて、まず、人を喜ばせてみようを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでまず、人を喜ばせてみようを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)まず、人を喜ばせてみようを勧める理由


漫画の内容が分からない状態で、パッと見た印象だけで漫画を選択するのは大変です。0円で試し読みができるBookLive「まず、人を喜ばせてみよう」なら、おおよその中身を吟味してから購入できます。
コミックの売り上げは、何年も前から低下しているのです。今までの営業戦略は捨てて、誰でも読める無料漫画などを展開することで、利用者数の増加を企てています。
電子書籍ビジネスには多数の業者が参入してきていますから、絶対に比較してから「どの電子書籍をチョイスするのか?」を決定することが大事になります。購入可能な書籍数や料金、サービスの中身を総合判断するとうまく行くでしょう。
一般的な書店では、陳列している漫画を立ち読みさせないために、ヒモでくくる場合が多いです。BookLive「まず、人を喜ばせてみよう」を有効利用すれば冒頭を試し読みができるので、内容を確かめてから買うか判断できます。
コミックサイトも相当数運営されていますから、比較検討して利便性の高そうなものを見定めることが大切です。そういうわけで、手始めに各サイトの優位点を理解することが重要です。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE







まず、人を喜ばせてみようのブックライブ情報

                              
作品名 まず、人を喜ばせてみよう
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
まず、人を喜ばせてみようジャンル 本・雑誌・コミック
まず、人を喜ばせてみよう詳細 まず、人を喜ばせてみよう(コチラクリック)
まず、人を喜ばせてみよう価格(税込) 1080円
獲得Tポイント まず、人を喜ばせてみよう(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ