この愛、売ります ブックライブ スマホ パソコン 読みやすい

BookLive「ブックライブ」のこの愛、売ります無料試し読みコーナー


哉都の前に札束を積んで「俺がおまえを買う」と言う男───今では大企業の副社長を務める汐崎は、哉都が学生時代に淡い恋心を抱いた相手。「俺は優良物件だろう。家族もないから頻繁に通える」朴念仁のくせに傲慢な態度の汐崎に、契約愛人としてプライドを刺激された哉都は、揶揄うつもりで汐崎と愛人契約を結んだ。けれど、まるで新婚のような汐崎との生活も、予想外に情熱的で優しい汐崎の愛撫も、哉都には落ち着かない。愛を売ることに慣れた心と身体が溶かされる…契約ロマンス。
続きはコチラ



この愛、売ります無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


この愛、売ります「公式」はコチラから



この愛、売ります


>>>この愛、売りますの購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)この愛、売りますの口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)はこの愛、売りますを取り揃えています。この愛、売りますBookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をするとこの愛、売りますは648円で購入することができて、この愛、売りますを購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンでこの愛、売りますを楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)この愛、売りますを勧める理由


長く連載している漫画は連載終了分まで購入しないといけませんので、一旦無料漫画で試し読みするという人が少なくありません。やっぱり大まかな内容を知らずに買うかどうかを決めるのは難しいことのようです。
本の購入代金というものは、1冊ずつの代金で見れば安いと言えますが、何冊も買ってしまうと、毎月の支払は大きくなってしまいます。読み放題でしたら料金が固定なので、支出を節約できるはずです。
物を溜め込まないというスタンスが世間に理解してもらえるようになったと言える今現在、本も実物として持ちたくないということで、BookLive「この愛、売ります」を使って読む人が増加しています。
電子書籍を買うというのは、電子情報を入手することだと言っていいわけです。サービスの提供が終了してしまうようなことがあったら利用不可になってしまうので、間違いなく比較してから安心できるサイトを選びたいですね。
入手してから「予想よりもつまらなく感じた」というケースであっても、買った本は交換してもらえません。けれど電子書籍なら最初に試し読みができるので、こういった状況を防ぐことができるというわけです。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE







この愛、売りますのブックライブ情報

                              
作品名 この愛、売ります
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
この愛、売りますジャンル 本・雑誌・コミック
この愛、売ります詳細 この愛、売ります(コチラクリック)
この愛、売ります価格(税込) 648円
獲得Tポイント この愛、売ります(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ