「母のことなど17の小品」 ブックライブ スマホ パソコン 読みやすい

BookLive「ブックライブ」の「母のことなど17の小品」無料試し読みコーナー


1965年(昭和40年)11月に刊行された山本利男の2冊目の詩集。自分の生にかかわる感動を詩にしていた20代後半の作品から、17篇を自選している。夭折した兄への思い「鯖雲」や、流産で亡くした第一子と妻の「部屋」「蚊帳」。そして「母」の詩に見られる素直なまでの思慕は、長兄を失ったあとの唯一の男子をいかに愛した母親であったかが読み取れる。“ぼくはいよいよ肥っていかねばならないのだ”作品「母」この最終行と「あとがき」の“わたしはいよいよ人生の中核にすすむ年代になった”が呼応するが、大人の純粋について思念することは変わらないだろうと青年山本は予見している。この詩集から十年後、筆名を十四尾と変えたことも、三十代をまたいだこのときに構想していたのかもしれない。 石下典子
続きはコチラ



「母のことなど17の小品」無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


「母のことなど17の小品」「公式」はコチラから



「母のことなど17の小品」


>>>「母のことなど17の小品」の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)「母のことなど17の小品」の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は「母のことなど17の小品」を取り揃えています。「母のことなど17の小品」BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると「母のことなど17の小品」は540円で購入することができて、「母のことなど17の小品」を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで「母のことなど17の小品」を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)「母のことなど17の小品」を勧める理由


店舗では、スペースの関係で取り扱える漫画の数に限りがありますが、BookLive「「母のことなど17の小品」」についてはこんな類の制限が発生せず、あまり一般的ではない単行本も少なくないのです。
趣味が漫画だということを他人にバレたくないという人が、ここに来て増加傾向にあります。家に漫画の隠し場所がないといった事情があっても、BookLive「「母のことなど17の小品」」を使えば他の人に内緒で漫画を楽しむことができます。
最近はスマホ経由で楽しむことができるアプリも、以前にも増して多様化が進んでいると言っていいでしょう。無料アニメ動画に加えて、無料電子書籍や簡単に楽しめるスマホゲームなど、色々なコンテンツの中からチョイスできます。
購入後に「自分が思っていたよりもつまらない内容だった」という場合でも、一度開封してしまった本は返品できません。けれど電子書籍なら試し読みが可能ですから、そうした事態を防止できるというわけです。
固定の月額費用を払えば、色んな種類の書籍を好きなだけ閲覧することができるという読み放題コースが電子書籍で評判となっています。毎回毎回買わなくても済むのが人気の秘密です。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE







「母のことなど17の小品」のブックライブ情報

                              
作品名 「母のことなど17の小品」
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
「母のことなど17の小品」ジャンル 本・雑誌・コミック
「母のことなど17の小品」詳細 「母のことなど17の小品」(コチラクリック)
「母のことなど17の小品」価格(税込) 540円
獲得Tポイント 「母のことなど17の小品」(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ