利休の風景 ブックライブ スマホ パソコン 読みやすい

BookLive「ブックライブ」の利休の風景無料試し読みコーナー


平成22年、23年の月刊誌『淡交』での連載を単行本化。作家・山本兼一氏が小説『利休にたずねよ』の取材を通して出会った利休ゆかりの茶道具、茶室、茶庭などについて綴ったエッセイ集。いくつもの情景から利休の心の深奥へと踏み込んで人間・利休の輪郭を炙りだしていきます。これまで誰も語らなかった若き日の利休の恋とは? その死の真相とは? 巻末には十五代樂吉左衞門氏と待庵で行った対談も収録。
続きはコチラ



利休の風景無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


下記の表紙クリックすると詳細♪


利休の風景「公式」はコチラから



利休の風景


>>>利休の風景の購入はこちら<<<

BookLive!(ブックライブ)利休の風景の口コミ評判


BookLive!(ブックライブ)は利休の風景を取り揃えています。利休の風景BookLive!は(ブックライブ)ではジャンル「本・雑誌・コミック」のようですね。
BookLive!(ブックライブ)で会員登録をすると利休の風景は1296円で購入することができて、利休の風景を購入するとBookLive!(ブックライブ)の「をMy本棚へ保管」できる機能スマホやパソコンで利休の風景を楽しむことが可能になります。


BookLive!(ブックライブ)利休の風景を勧める理由


様々な本をむさぼり読みたいという人からすれば、何冊も買うのは家計にもダメージを与えてしまうと言えます。だけども読み放題というプランなら、購入代金を格安に抑えることができるので負担が軽くなります。
ユーザー数が右肩上がりで増えてきているのが評判のコミックサイトです。つい最近までは「漫画は単行本という形で買うからいいの!」という人が大部分でしたが、求めやすい電子書籍として買って閲覧するというユーザーが増えつつあります。
容易にアクセスして読み進めることができるのが、無料電子書籍の良いところです。書店まで行く必要も、通信販売経由で買った本を送ってもらう必要も全然ないわけです。
漫画雑誌と言えば、「10代向けに作られたもの」だと考えているかもしれないですね。だけどもこのところのBookLive「利休の風景」には、中年層の方が「子供の頃を思い出す」と思ってもらえるような作品も数え切れないくらいあります。
趣味が漫画という人からすれば、コレクションとしての単行本は値打ちがあると理解できますが、「読むことができればOK」という人であれば、スマホで楽しめるBookLive「利休の風景」の方をおすすめしたいと思います。


BookLive!(ブックライブ)YOUTUBE







利休の風景のブックライブ情報

                              
作品名 利休の風景
支払い方法 クレジットカード|spモード決済|auかんたん決済|ソフトバンクまとめ支払い|楽天Edy|BitCash|WebMoney(ウェブマネー)|モバイルSuica|Tポイント|BookLive!専用のプリペイドカード|三省堂書店 店頭決済サービス
利休の風景ジャンル 本・雑誌・コミック
利休の風景詳細 利休の風景(コチラクリック)
利休の風景価格(税込) 1296円
獲得Tポイント 利休の風景(コチラクリック)
対応端末 iphone、ipad、ituch、Android、PC(windows/Mac)


ページの先頭へ